宿命



これからも、ものを作りつづけていくとすると、我々は、何を作っていけばよいのでしょうか。この140年間は、自動織機に始まり、自動車に至る高速生産の時代でした。
アメリカは、いち早く、銃部品の規格化をして、同じ部品を大量に作れるようにしました。この標準化の概念に、ヘンリー・フォードがベルト・コンベアを付け足して、量産産業という高速生産の概念が出来たのです。そして、この高速生産を、最もうまく利用したのが日本でした。
しかし、90年代に入ってから10年、日本の製造業は競争力を失っています。生産拠点がアジアに移行する速度が増しているのです。日本に残っているのは、携帯電話、デジカメ、カーナビ、コピー機、プリンターなど…それと、自動車くらいです。

これは、製品そのものの性能・機能と、その製品を生産する技術(量産技術)が成熟してきたからだと考えます。製品の性能・機能での差別化が難しくなり、製品を量産する為の製造技術も、最新鋭の生産設備を買えば簡単に誰でも真似できるようになってきたからなのでしょう。

そこで、日本が得意とするモノ作り技術にIT技術、インターネット技術を融合させた新しい時代のモノ作り技術。これを確立するしか、日本の生きていく道はないと思っています。
今回のデジタル革命で、製造業が爆発的な生産性を上げて、モノをどこの国で作っても同じコストになるようにするしかないのです。
そうなれば、「誰が作るか?」が問題ではなく、「何を作るか?」しか価値が無くなるのです。
やっぱり、モノを生み出し、作りつづけなければならないのです。モノ作りに情熱を燃やす国の宿命なのでしょう。

   
Copyright 1999-2011 by TAKADA KANAGATA INDUSTRY CO.,LTD. All rights reserved.