PDMについて 

 

1998年12月ホームページ開設に伴い、まとめたものを掲載しています。

 

PDM(Product Data Management)は、製品の開発の中で作られるCAD/CAMデータや、各種ドキュメント・データを効率よく1元管理するためのデータベース・ソフトウェアで、チーム設計技術の進歩と共に、注目されている技術です。PDMは、最新データの管理や進ちょく状態、またデータの履歴や各データ間の関連性などを管理する機能を有しています。PDMは、基盤技術としてRDB(Relational Database)が用いられていますが、最近ではオブジェクト指向技術を取り入れ、データとソフトウェアを一体として扱えるインターフェースを取り入れたものもの登場しています。

 
   
Copyright 1999-2011 by TAKADA KANAGATA INDUSTRY CO.,LTD. All rights reserved.