3次元CADの利用法 

 

1998年12月ホームページ開設に伴い、まとめたものを掲載しています。

 

設計段階において、入力した3次元データは、部品同士の3次元干渉チェック、加工性や強度の解析、製品容積、重量の確認、製品形状評価などにも使えます。また、設計用途以外に、商品性を説明するためのプレゼンテーション資料、コスト計算などにも用いることができます。またCADによっては、一度作成したデータの寸法値を変更することにより、容易に類似製品を作成できるので、標準設計用のデータベースとして活用できます。このように3次元CADは、様々な用途に活用することができますが、最も有効な用途は、設計段階で作成したデータから、直接試作品、型作製用のデータをつくれるということです。

 
   
Copyright 1999-2011 by TAKADA KANAGATA INDUSTRY CO.,LTD. All rights reserved.