CADの歴史年表 

 
1998年12月ホームページ開設に伴い、まとめたものを掲載しています。
 

1955年

MITのA.SiegelがNC司令作成のためのシステムを作ったのが今日のCAD/CAMの原型であると言われている。

 56年

D.Roosによって加工形状を言語であらわすためのAPT(Automatically Programed Tools)が考案された。

 57年

APTUによって実用化された。

 59年

MITで「CAD Project」の最初の会議が開催され、CAD計画が示された。

 62年

図形を計算機で表現する技術は「スケッチパッド(Sketchpad)」でI.E.Sutherlandによって実現された。

 63年

L.G.Robertがソリッドの概念を発表した。

 67年

S.A.Coonsのcoonsの式 Patchの概念 が相次いで発表された。また米ロッキード社によってCADAMが完成された。

 71年

Bezierによって自由曲面の形状制御が発表された。

 73年

TIPS-1、BUILDによって計算機内での立体モデル表現が具体化された。また、B-splineを使った自由曲面の形状制御技術が発表された。

 80年

ワイヤーフレームも出る、サーフェースモデル、ソリッドモデルの分類が明確化された。

85-90年

2次元の製図CADと3次元の加工データ作成用のサーフェース系3次元CADが急速に広まった。

90年以降

B-rep表現ソリッドが実用化され、設計業務において3次元のソリッド系CADが急速に広まった。

   
   
Copyright 1999-2011 by TAKADA KANAGATA INDUSTRY CO.,LTD. All rights reserved.