プラスチック金型 

 
金型



熱硬化性樹脂金型

優れた強度、耐熱性を持つ熱硬化性プラスチックは、その特性を活かしブレーカー・電力量計などに使用されます。

ブレーカー、ブレーカー内部機構部品(クロスバー、ADJバー)、端子箱の金型では、型内ゲートカットにより成形後のゲートカット工程の工数削減が可能です。


熱可塑性樹脂金型

熱可塑性樹脂製品は、射出成形法(インジェクションモールディング)により成形されます。最も一般的なプラスチック製品の成形方法です。

汎用プラスチック(PP,PS,ABS,PMMA等)、
エンジニアリング・プラスチック(エンプラ:PA,POM,PC等)、
スーパーエンジニアリングプラスチック(スーパーエンプラ:PPS等)の 金型製作実績が豊富です。

特に、ガラス繊維の入ったPA6-GF30の金型を多く製作しています。

 
   
Copyright 1999-2011 by TAKADA KANAGATA INDUSTRY CO.,LTD. All rights reserved.