ダイカスト金型 

 

ダイカストとは、
 精密な金型に溶融した金属(アルミニウム、亜鉛など)を圧入することにより、高精度の製品を成型する技術および製品を指します。

ダイカスト製品は、
 自動車、家電、OA機器、産業機械、建築用品などさまざまな分野の構成部品として使われています。



ダイカスト金型の種類

ホットチャンバー用ダイカスト金型
 ホットチャンバーは、融点の低い亜鉛などの鋳造に用いられます。亜鉛は、寸法精度が良く、複雑な形状も可能であり、メッキや塗装が行えるため、機構部品と外観部品の用途があります。寸法精度・外観形状が求められる金型の設計・製作を行います。


コールドチャンバー用ダイカスト金型
 コールドチャンバーは、溶融温度の高いアルミ合金の鋳造に用いられます。一般材料のADC12や、特殊材質(ADC3,ADC6,ADC14)製品など 材質にあわせた型材の選定、抜き勾配等の詳細設計・・・金型の設計・製作を行います。


特殊ダイカスト法の金型
 [普通]ダイカスト法は、高速で射出し短時間で冷却凝固させるため、製品内に"鋳巣"と呼ばれる空洞ができます。"鋳巣"と呼ばれる不良要因は、ダイカスト鋳造の宿命であり避けては通れません。そのため、より高い品質を確保するために様々な特殊ダイカスト法が開発されています。

 ■真空ダイカスト法(減圧ダイカスト法)
  Vacuum Die Casting
 真空装置により金型内を瞬間的に減圧、真空状態にしてダイカストを行う方法。巻き込み巣の防止、減圧効果による流動性向上に効果があります。

 ■PF法(無孔性ダイカスト法)
  Pore Free Die Casting
 金型内を酸素等の活性ガスで置換しておくダイカスト法。化学反応を起こし酸化アルミの固体となり、巻き込まれるガスを減少させます。また、気体から固体へ体積減少による減圧効果が流動性向上になります。

 ■局部加圧ダイカスト法
 凝固過程中に特定の部位を油圧シリンダーで直接加圧する方法。加圧することで凝固収縮相当の溶湯が補充され、ひけ巣を押し潰す効果があります。鋳巣が発生しやすい特定のポイントを狙って対策できます。


各種ダイカスト法に対応した金型の作製が可能です。

 
   
Copyright 1999-2011 by TAKADA KANAGATA INDUSTRY CO.,LTD. All rights reserved.